水平線とは

初心者が優先的に覚えるべき抵抗は、水平線です。水平線とは文字通り横に一直線に引いた線のことです。下図に示している通り同じ水平線上で何度も抵抗が機能していることがわかります。

なぜ水平線を優先的に覚える必要があるのか?それは、考え方も簡単でプロアマ問わず、誰でも見つけることができるからです。つまり、多くの人にその情報が共有されているので、ますます機能してくるという好循環が生まれるのです。

水平線が誇る3つの優位性
水平線の優位性①
基準さえ正しければ、誰が引いても同じラインになる。
水平線の優位性②
水平方向に無限に伸びるため、何度でも機能する。
水平線の優位性③
機能する度に人々に意識され、ますます効くようになる。

水平線は、最強の抵抗だといわれております。それは、みんなに共有されているという背景があり、逆に言えば独りよがりに引いた水平線は効きません。いかに、みんなと同じラインを引くかが、重要となります。

水平線の見方

水平線の見方

点線の丸い囲み部分が、抵抗として機能している箇所です。水平線を引くと、値動きが抵抗から抵抗へ移動性質であることがわかります。チャートを俯瞰して、どの水平線が意識されているかを確認すると、相場の流れが把握できます。

上昇する流れを食い止めるのが上値抵抗、下降する流れを食い止めるのが下値抵抗と呼ばれます。

上チャートを見るとわかる通り、1本の水平線は上値抵抗から下値抵抗へ役割を変えることがあります。そして延々と効力を発揮し続ける性質を持ちます。この性質は、必ず覚えてください!

水平線の接近パターン 水平線の接近パターン

水平線というと線のイメージがありますが、それなりに幅のある太い帯のようなものをイメージするとわかりやすいです。また、値動きの接近パターン(①手前で反転②真上で反転③行き過ぎて反転④真上で停滞)も柔軟に解釈すべきであり、通り過ぎたり、手前で反転するケースも効いていると判断できます。

関連記事:ローソク足の種類とチャートの見方

水平線の引き方

水平線はある程度機械的に引いてしまう方が、自分の意思が介入しないだけに、みんなと共有できる可能性があります。一番わかりやすいチャートの最高値と最安値、続いてネックライン、そしてラウンドナンバーには深く考えずにラインを引きましょう。

問題となるのが、上下を分断するラインです。チャートを俯瞰しつつ、小さな抵抗(山や谷)を意識して引いてみましょう。最初は難しく感じるかもしれませんが、練習すれば精度を高めることができます。

水平線の引き方①チャートの最高値・最安値の線の引き方

①チャートの最高値と最安値

見えている範囲の一番上と一番下にラインを引きます。最初にこのラインを引くことをルーティーンにすると分析が安定します。大きなトレンドが生まれた場合は、ここが目標になると考えることができます。

水平線の引き方②ダブルトップ・ボトムのネックラインの引き方

②ダブルトップとダブルボトム

ダブルトップとダブルボトムは、トレンドの反転時に出現しやすいパターンです。そのネックラインは、みんなが意識するラインとなるので、水平線を引きましょう。

水平線の引き方③チャートを上下に分断する線の引き方

③チャートを上下に分断する 大きな視点で見ると、上値を抑えたり、下値を抑えたりと、活躍している水平線が発見できます。この時、一本の線を引くというよりは、ある程度幅のある帯を引くイメージを持ちましょう。

水平線の引き方④ラウンドナンバーの線の引き方

④ラウンドナンバーの線の引き方

ラウンドナンバーとは122.00円などキリの良い数字のことです。キリの良い数字を意識してしまうのは人間の性であり、そのため抵抗として機能しています。

水平線を引くコツ

水平線を引くコツ チャートの一番高い価格は2回の上昇を跳ね返し、一方の一番安い価格および実質的に下値を支えるラインでは何度も値動きが停滞しています。また、ラウンドナンバーの「93.00円」「94.00円」が明確に効いており、こちらでも値動きが停滞していることがわかります。
水平線を引くコツ
FX会社が提供しているチャートには水平線を引く機能が付いております。チャート分析をする際はトレンドを確認しながら水平線を引く習慣をつけましょう。

水平線を引く時の注意点

水平線を引くときに大前提として覚えておきたいのが、必ずしも引ける線があるとは限らないことです。 現状の状況によっては、抵抗らしい抵抗が見つからない場合もあります。そんな時は無理にラインを引く必要はありません。そもそも水平線は他の投資家と共有できるものではないと機能しないのです。自分で見つけられない時は他の投資家も同じだと解釈するべきです。 また、1枚のチャートにたくさんの線を引きすぎることも良くありません。もし、線をひきすぎてしまったと感じた時は効果の薄い線から消していきましょう。
水平線を引くときの注意点
①無理やり引かない
相場によっては目立つ抵抗が殆ど無いケースがあります。そんな時は無理に引く必要はありません。
②1つのチャートに引きすぎない
チャートが水平線で埋め尽くされると、判断材料が増えすぎて、判断に迷いが生じてしまいます。
③重複するポイントは必ず引く
ラウンドナンバーとネックラインのように、複数の要素が複合するラインは重要度が高いです。
④とにかく練習が大事!
引き方は簡単ですが、機能する線を引くにはコツがあります。繰り返し練習して精度を高めましょう。

水平線を引くことができるFX会社

描写ツール
外為どっとコム外貨ネクストネオ
  • トレンドライン
  • 水平線
  • フィボナッチリトレースメント
パートナーズfxパートナーズFX
  • トレンドライン
  • 水平線
FXトレードFXトレード
  • トレンドライン
  • 水平線
  • 垂直線