レバレッジとは、「てこの原理」のことで、証拠金に対して最大25倍まで取引を行うことができる仕組みです。

レバレッジは、トレーダーにとって少ない資金でも大きな取引ができるメリットがある一方で、レバレッジをかけすぎることでロスカットの可能性が大きくなるデメリットもあります。

レバレッジとは?

堅実に運用するならレバレッジは5倍程度が良いとされていますが、レバレッジを大きくして取引をしたい場合や小さくして取引したい場合などありますよね。そんな時、レバレッジのかけ方や設定はどのようにすれば良いのでしょう?そんな疑問にお答えしていきます。

■目次

FXレバレッジのかけ方

レバレッジのかけ方を難しく考えている人も多い様ですが、レバレッジのかけ方はとてもシンプルです。大きく分けると「実効レバレッジ」と「上限設定」の2つのかけ方しかありません。

それぞれどのようなかけ方なのかご紹介していきます。

実効レバレッジで計算する方法

国内FX口座の多くが実効レバレッジで計算する方法です。レバレッジは25倍に固定されており、取引量を調整することでレバレッジを設定する方法となります。

例えば、1万通貨単位(1lot)の口座で1ドル100円の米ドル円の取引をしようとした場合、100万円の資金が必要です。この時4万円あれば最大25倍のレバレッジを使って取引ができます(100万円(1lot)÷4万円の自己資金=25倍の実効レバレッジ)。この時の実効レバレッジは25倍となります。

一方で、20万円の資金があり、同様の取引をしようとした場合、レバレッジ5倍で1lotの取引ができます(100万(1lot)÷20万円の自己資金=5倍の実効レバレッジ)。この時の実効レバレッジは5倍ですね。

このように自分で自由にコントロールできる実効レバレッジは、簡単な計算式で導くことが可能なので是非覚えてください。

実効レバレッジの計算方法
有効レバレッジ=取引額÷有効証拠金

レバレッジの上限設定する方法

予めレバレッジの上限を設定できる口座のことです。

YAHOOグループのYJFX!は、レバレッジを「1倍コース」「10倍コース」「25倍コース」から選ぶことが可能です。

上限を設定することで実効レバレッジ管理の手間が省けるメリットがあります。

もちろん途中でレバレッジのコースを変更することも可能です。

FX口座別レバレッジの設定方法

レバレッジはの掛け方は「実効レバレッジ」「上限レバレッジの設定」がありますが、FX口座によってルールが異なります。そこで、おすすめのFX口座より「レバレッジの設かけ方」のルールを紹介します。

会社名 設定方法
dmmfxDMMFX 実効レバレッジ
外為どっとコム外貨ネクストネオ 実効レバレッジ
FXプライム選べる外貨 実効レバレッジ
fxネオFXネオ 実効レバレッジ
外為オンライン外為オンライン 実効レバレッジ
yjfx!YJFX! 実効レバレッジと上限設定可(1倍/10倍/25倍)
パートナーズfxパートナーズFX 実効レバレッジ