株式会社マネーパートナーズってどんな会社なのでしょうか?大事な資産を預けても問題ない無い会社なのでしょうか?口座開設前に知っておきたい「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano」のサービスを提供する「株式会社マネーパートナーズ」についてご紹介します。

株式会社マネーパートナーズの開示情報

会社名 株式会社マネーパートナーズ(東証一部上場)
代表者名 代表取締役社長 奥山泰全
所在地 〒106-6233 東京都港区六本木 3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー 33階
設立 平成20年5月9日
登録番号 関東財務局長(金商)第2028号
資本金 31億円
自己資本規制比率 363.6%(平成30年9月末)
証拠金信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行
FXサービス パートナーズFX・パートナーズFX nano
保有口座数 322,271

パートナーズFXとパートナーズFX nanoの違い

株式会社マネーパートナーズが提供するFXサービスは2つあります。「パートナーズFX」「パートナーズFX nano」です。この2つのサービスの違いとは何なのでしょうか?あなたに合うサービスはどちらなのか?参考にしてください。

パートナーズFX パートナーズFX nano
手数料 無料 無料
取引時間 平日24時間 平日24時間
初回入金額 設定なし 設定なし
レバレッジ 最大25倍 最大25倍
ロスカット 証拠金維持率が
40%未満
時価評価総額が
必要証拠金額の100%未満
スプレッド(米ドル/円) 0.3銭 0.4銭
スプレッド(ユーロドル/円) 0.4銭 0.7銭
スプレッド(豪ドル/円) 0.6銭 0.9銭
取引通貨単位 1万通貨単位 100通貨単位
通貨ペア 20 18
両建て
入出金手数料 入金のみ
クイック入金は無料
入金のみ
クイック入金は無料
出金日数 13時00分前受付
翌営業日
13時00分前受付
翌営業日
キャッシュバック
キャンペーン
30,000円
口座開設+新規取引
1,000円
口座開設
デモトレード なし なし

パートナーズFXとパートナーズFX nanoの違いまとめ

パートナーズFXとパートナーズFX nanoの大きな違いとしては、「通貨ペアの数」「取引通貨単位」「スプレッド」の違いがあります。

結論、初心者には「パートナーズFX」をおすすめします。パートナーズFX nanoは100通貨単位から始めることができ、非常に手軽に始めることができるのですが、その分スプレッドが広めに設定されています。また、あまりに低い価格での取引に慣れてしまうと、本番で1万通貨単位のお金で取引をする際、損切りなどのリスク回避行動が取れなくなってしまう恐れがあります。

パートナーズFXはデモ口座を扱っていないため、取引ツールやアプリの使い勝手を確かめる目的として、パートナーズFX nanoを利用するのが良いでしょう。