■目次

レバレッジとは

レバレッジとは、FX口座に預けた証拠金に対して最大25倍の取引を可能にする仕組みのことです。

例えばレバレッジが25倍のFX会社で取引する場合、証拠金として10万円を預けると、その25倍にあたる250万円の取引が可能となります。つまり、250万円のFX取引をしたいと思った時には10万円の資金を用意すればよいということになります。

このレバレッジはFX会社やサービスによって異なりますのでしっかりチェックしましょう。

レバレッジの仕組み

レバレッジのメリットデメリット

高いレバレッジで取引を行うと、手持ちの資金が少なくても大きな取引ができるため、少しの値動きでも利益が確定した時に多くの利益を得ることができるメリットがあります。一方で、少しの値動きで損失が出た場合でも同様に損失が多くなるリスクをしっかり理解しましょう。

レバレッジの計算方法

レバレッジは、取引金額(円換算)と証拠金で求めることができます。

レバレッジの計算方法
取引金額(円換算) ÷ 証拠金(日本円)=レバレッジ

FX取引で多くの損失を出さないためには、現状のレバレッジ(実効レバレッジ)を知っておくことが重要なのでしっかり覚えておきましょう。

レバレッジで借金になる?

FX取引において事実上の借金が生じるのはどんな時なのでしょうか。預けた証拠金の評価額がマイナスになった場合がこれにあたります。具体的な例を元にご紹介します。

レバレッジ取引によって借金が生じる仕組みとは?

1ドルのレートが100円の時に4万円を証拠金として預け、25倍のレバレッジを活用して1万ドル(100万円)分の取引をしたとします。問題はこの後の値動きです。

レートが1ドル101円まで上がった場合には1万円の利益となりますが、1ドル95円まで下がった場合には5万円の損失が生じてしまいます。

つまり、この時の資産の評価は下記のようになります。

4万円(証拠金)-5万円(損失)=-1万円

事実上1万円の借金が発生してしまいました。

借金のリスクをおさえる仕組み「ロスカット」

レバレッジ取引によって、証拠金の何十倍にもおよぶ取引をすることは、それだけ値動きによる損失のリスクも抱えることになります。しかし、上記に述べた借金のリスクを心配しすぎることはありません。

なぜなら各FX会社には「ロスカット」という仕組みがあり、一定の証拠金維持率になった場合に強制的にポジションを決済してくれるからです。為替相場が下落した場合、放っておけば含み損はどこまでも大きくなり、もともとの証拠金を大きく上回る借金を抱え込むことになってしまいます。そうなる前に歯止めをかけるロスカットは、投資家の資産を守ってくれるとても重要なものなのです。

といっても、このロスカット100%信用できるかというとそうではありません。急激な為替の変動等があった場合には、ロスカットが間に合わない場合もあることには注意しておいてください。

また、ロスカットは証拠金維持率が一定の場合を下回るときに発動されるものであるため、損失が小さくおさえられることこそあれ、投資額を上回る利益を得ることはできません。その時点で保有しているすべてのポジションを全て失ってしまうのも痛いところです。レバレッジを多く使って取引をする際は証拠金と実効レバレッジのバランスをしっかりとみておきましょう。

関連記事:FX初心者でもわかるロスカットの仕組み|FX会社のロスカットルールも徹底比較

ズバリ!初心者おすすめレバレッジの倍率

「誤発注が不安」「暴落が不安」と思っている初心者の方は、レバレッジが低いところから始められる口座を選びましょう。初心者におすすめのレバレッジ倍率は5倍前後で取引ができる口座をおすすめします。

FX会社 レバレッジで比較

サービス名 レバレッジ 初回入金額 取引単位
dmmfxDMMFX 最大25倍 指定なし 1万通貨単位
外為どっとコム外貨ネクストネオ 最大25倍 指定なし 1万通貨単位
FXネオFXネオ 最大25倍 指定なし 1万通貨単位
パートナーズfxパートナーズFX 最大25倍 指定なし 1万通貨単位
FXトレードFXトレード 最大25倍 指定なし 1通貨単位
lionfxLION FX 最大25倍 1万円 1000通貨
外為オンライン外為オンライン 最大25倍 約5000円 1000通貨
トライオートfxトライオートFX 最大25倍 指定なし 1000通貨
外為ジャパン外為ジャパン 最大25倍 指定なし 1000通貨

レバレッジ10倍規制になる!?

2017年の9月に、金融庁がレバレッジの規制倍率「25倍」から「10倍」程度に引き下げを検討しているとの報道がありました。

結論から言うと、この引き下げは現在、見送りとなっています。