FXは、少ない証拠金でも大きな金額の取引ができますが、それは「レバレッジ」という仕組みのおかげです。

レバレッジはFX初心者が取引前に必ず知っておくべき重要な要素です。

そこでレバレッジは借金なの?どれくらいまでレバレッジをかけることができるの?など絶対に知っておくべき「レバレッジ」の仕組みについて紹介します。

■目次

レバレッジとは

レバレッジとは、「てこ」を意味しており、小さな力で大きな物を動かす「てこの原理」のように、FX口座に預けた証拠金に対して最大25倍の大きな取引を可能にする仕組みのことです。

例えば、証拠金として10万円を預けると、最大25倍にあたる250万円までの取引が可能となる仕組みです。

レバレッジの仕組み

実際の取引に必要な資金

実際の取引で必要な資金は、取引するFX口座や取引しようとしている通貨ペアの相場によって変わってきます。

FX口座では通常「1,000通貨単位」「1万通貨単位」での取引が一般的です。

では、「1,000通貨単位」「1万通貨単位」それぞれのFX口座で米ドル/円(110円だった場合)にそれぞれいくらの資金が必要なのかご紹介します。

1,000通貨単位の口座で米ドル/円を取引する場合

1ドル110円だった場合、1通貨は110円となるので1,000通貨単位とは11万円の取引からスタートできることを意味します。

  • レバレッジをかけずに取引をするなら11万円の資金が必要です。
  • レバレッジを5倍にする場合は22,000円の資金が必要です。
  • レバレッジを10倍にする場合は11,000円の資金が必要です。
  • レバレッジを最大25倍にする場合は4,400円の資金が必要です。

1,000通貨単位で取引ができるおすすめFX口座はスプレッドも狭くキャッシュバックキャンペーンが豊富な外為どっとコム(弊社調べ総合ランキング2位)です。

1万通貨単位の口座で米ドル/円を取引する場合

1ドル110円だった場合、1通貨は110円となるので1万通貨単位とは110万円の取引からスタートできることを意味します。

  • レバレッジをかけずに取引をするなら110万円の資金が必要です。
  • レバレッジを5倍にする場合は22万円の資金が必要です。
  • レバレッジを10倍にする場合は11万円の資金が必要です。
  • レバレッジを最大25倍にする場合は44,000円の資金が必要です。

1万通貨単位で取引ができるおすすめFX口座はスプレッドも狭くFX口座開設数業界No1のDMMFX(弊社調べ総合ランキング1位)です。

レバレッジのメリットデメリット

レバレッジのメリットは何と言っても小さい資金で大きな取引が可能になることです。

仮にレバレッジが無かった場合、1ドル100円の米ドル/円を1万通貨取引しようとすると単純に100万円の資金が必要になりますが、レバレッジ(25倍)があれば4万円の資金で100万円の取引が可能になります。

一方デメリットは、25倍のレバレッジをかけた際に、ロスカットされる可能性が高くなることです。

なぜなら、大きなレバレッジにすると利益への値動きになった場合は多くの利益を得ることができますが、損失の値動きになってしまった場合は、大きな損失となるリスクがあるからです。

レバレッジで借金を負う可能性はある?

FX取引において事実上の借金とは、預けた証拠金が0円以下になった場合です。具体的な例を元にご紹介します。

レバレッジ取引によって借金が生じる仕組みとは?

1ドルのレートが100円の時に4万円を証拠金として預け、25倍のレバレッジを活用して1万ドル(100万円)分の取引をしたとします。問題はこの後の値動きです。

レートが1ドル101円まで上がった場合には1万円の利益となりますが、1ドル95円まで下がった場合には5万円の損失が生じてしまいます。

つまり、この時の資産の評価は下記のようになります。

4万円(証拠金)-5万円(損失)=-1万円

証拠金として預けた4万円を失い、更に1万円の借金が発生してしまいました。

借金のリスクをおさえる仕組み「ロスカット」

レバレッジ取引によって、証拠金の最大25倍の取引をすることは、それだけ値動きによる損失のリスクを抱えることになります。しかし、借金のリスクを過剰に心配することはありません。

なぜなら各FX会社には「ロスカット」という仕組みがあり、一定の証拠金維持率になった場合に強制的にポジションを決済してくれるからです。為替相場が下落し続けた場合、放っておけば含み損はどこまでも大きくなり、預けた証拠金を大きく上回る損失を抱え込むことになってしまいます。そうなる前に歯止めをかけるロスカットは、投資家の資産を守ってくれるとても重要な仕組みなのです。

といっても、このロスカット100%信用できるかというとそうではありません。急激な為替の変動等があった場合には、ロスカットが間に合わない場合もあるので注意しておいてください。

また、ロスカットは証拠金維持率が一定を下回った場合に発動されるので、ある程度損失を抑えることができる反面、ロスカットの時点で保有しているすべてのポジションを強制的に決済されてしまうので、レバレッジを多く使って取引をする際は証拠金と実効レバレッジのバランスをしっかりとみておきましょう。

関連記事:FX初心者でもわかるロスカットの仕組み|FX会社のロスカットルールも徹底比較

レバレッジの計算方法

レバレッジは、取引金額(円換算)と証拠金で求めることができます。

レバレッジの計算方法
取引金額(円換算) ÷ 証拠金(日本円)=レバレッジ(倍率)

FX取引で多くの損失を出さないためには、現状のレバレッジ(実効レバレッジ)を知っておくことが重要なのでしっかり覚えておきましょう。

関連記事:FXレバレッジのかけ方とは?初心者でもわかる設定方法

ズバリ!初心者おすすめレバレッジの倍率

「誤発注が不安」「暴落が不安」と思っている初心者の方は、実効レバレッジ倍率は5倍前後でお取引することをおすすめします。

FX会社をレバレッジと取引単位で比較

サービス名 レバレッジ 初回入金額 取引単位 総合おすすめ
ランキング
dmmfxDMMFX 最大25倍 指定なし 1万通貨単位 1位
外為どっとコム外貨ネクストネオ 最大25倍 指定なし 1,000通貨単位 2位
FXプライム選べる外貨 最大25倍 指定なし 1,000通貨単位 3位
FXネオFXネオ 最大25倍 指定なし 1万通貨単位 4位
外為オンライン外為オンライン 最大25倍 約5000円 1,000通貨単位 5位
FXトレードFXトレード 最大25倍 指定なし 1通貨単位 6位
パートナーズfxパートナーズFX 最大25倍 指定なし 1万通貨単位 7位
yjfx!YJFX! 最大25倍 指定なし 1,000通貨単位 8位
fxブロードネットFXブロードネット 最大25倍 指定なし 1,000通貨単位 9位
lionfxLION FX 最大25倍 1万円 1,000通貨単位 10位
トライオートfxトライオートFX 最大25倍 指定なし 1,000通貨単位
外為ジャパン外為ジャパン 最大25倍 指定なし 1,000通貨単位

レバレッジに関するよくある質問

レバレッジ10倍規制になる!?

2017年の9月に、金融庁がレバレッジの規制倍率「25倍」から「10倍」程度に引き下げを検討しているとの報道がありました。

結論から言うと、この引き下げは現在、見送りとなっています。

国内最大のレバレッジは25倍となっておりますが、海外のFX口座の場合さらに高いレバレッジを掛けて取引をすることもできる様ですが、レバレッジのリスクは前述の通りです。

FXおすすめ.jpでは、金融庁の認可を受けた日本国内の業者のみをおすすめしております。

実効レバレッジって何?

実効レバレッジとは、25倍のレバレッジが前提となっている取引であり、預けた証拠金によってレバレッジを調整する仕組みのことです。

例えば、1ドル100円の時に1万通貨単位の口座で10万円の証拠金を預けて1lotの取引を行う場合

100万円(取引額)÷10万円(有効証拠金)=10倍(実効レバレッジ)

つまり、実効レバレッジは10倍となります。

「FX会社をレバレッジと取引単位で比較」でご紹介した通り、FX口座の多くが実効レバレッジの仕組みを導入しております。