FXはいくらから

手元にはあまり資金が無いけどFXを始めたい人や、初めてのFXなので少ない資金から始めたい人などから「FXはいくらから始めることができるんですか?」という質問を多くいただきます。

FXを始めるにあたって必要な資金はFX会社によって異なります。そこで、最も低資金で始められるFX会社をご紹介させていただきます。

■目次

最も低資金でFXを始めることができるFX会社

最も低資金でFXを始めることができるFX会社はFXトレードです。

低資金でFXができるかどうかは各FX会社の「取引通貨単位」で判断することが可能です。多くのFX会社は1万通貨単位か1,000通貨単位で取引ができる条件となっていますが、FXトレードは1通貨単位で取引ができます。

通貨単位で比較(1米ドル100円の場合)必要資金をチェック!

取引通貨単位 レバレッジ 最低必要資金
FXトレードFXトレード 1通貨単位 25倍 4円
外為どっとコム外貨ネクストネオ 1,000通貨単位 25倍 4,000円
dmmfxDMMFX 1万通貨単位 25倍 4万円
fxネオFXネオ 1万通貨単位 25倍 4万円
FXプライムfxプライム 1,000通貨単位 25倍 4,000円
パートナーズfxパートナーズFX 1万通貨単位 25倍 4万円
lionfxライオンFX 1,000通貨単位 25倍 4,000円
外為オンライン外為オンライン 1万通貨単位 25倍 4万円
トライオートfxトライオートFX 1,000通貨単位 25倍 4,000円
外為ジャパン外為ジャパン 1,000通貨単位 25倍 4,000円

1米ドルが100円のときに米ドル/円で取引をする場合の必要資金の比較表ですが、FXトレードが低資金でFXを始めることができるFX会社であることがわかります。

1通貨単位で取引をするとどのくらい儲かる?

実際に4円の資金でFXを始めても、1ヵ月の取引で1円程度の利益か損失が関の山です

また、資金が少なすぎるとロスカットが行われる可能性も高くなります。FXトレードの場合は証拠金維持率が50%以下になると強制ロスカットになるため特に注意が必要です。

1,000円以下で取引する場合は、FXに慣れるための練習として取引することをおすすめします。

関連記事:FX初心者でもわかるロスカットの仕組み|ロスカットのルールも徹底比較

証拠金維持率から必要な資金を考える

証拠金維持率とは、ポジションに必要な証拠金に対して入金(預けた)純資産額の割合のことです。

証拠金維持率が、各FX会社が定める基準を下回ると強制ロスカットとなってしまい、損失となってしまうので、強制ロスカットを防ぐためにポジションに必要な証拠金よりも多めに入金をしておくことが重要です。

FXおすすめ.jpでは、スキャルピングなど短い時間で取引を行う場合であれば300%~500%、スイングトレードのように長い間隔で取引を行う場合は800%~1000%の証拠金維持率を推奨しております。

例えば、1ドル100円だった時に、1,000通貨単位の取引ができるFX口座に10万円を入金し1万通貨(100万円分)を買ったとします。この際、25倍のレバレッジがあるので必要な証拠金は4万円です。

100万円÷25=4万円

そうすると、証拠金維持率は

10万円÷4万円×100=250%

となります。

関連記事:安心して取引ができる証拠金維持率

FX初心者はいくらからFXを始めるべきか

低資金で運用(練習)して、いざ本番で実施したいけど、どれくらいの証拠金を預けたらよいでしょうか?という質問も多くいただきますが、この記事を読んでいただいている方の資金や目指すトレード方法等みさん異なると思いますので一律の回答はできません。

強いて言うなら、値動きの流れをしっかり把握するまではなるべく少ない金額で取引をしていただきたいです。そして、少ない金額で取引をする場合でも妥協せずに本気で取り組んでいただきたいです。

自信がついたら、無理のない程度(自己資金の30%から50%程度くらい)で始めることをおすすめします。

取引通貨単位ごとのおすすめFX会社

FXに自信がついて、ある程度投資が可能になりましたら「1000通貨単位」「1万通貨単位」のFX口座で取引をしてみても良いですね。

そこで、「1000通貨単位」「1万通貨単位」それぞれ、おすすめのFX会社をご紹介させていただきます。

1,000通貨単位のおすすめFX会社

1,000通貨単位のFX会社なら、自動売買でも有名な外為オンラインがおすすめです。

外為オンラインのサービス内容や評判は、外為オンラインの評判でご紹介しています。

1万通貨単位のおすすめFX会社

DMM FX

1万通貨単位のFX会社は、口座開設数が多くスプレッドが狭いDMMFXがおすすめです。

DMMFXのサービス内容や評判は、DMMFX【DMM.com証券】の評判でご紹介しています。