バイナリーオプション

バイナリーオプションに興味があるけど、FXと比べてメジャーではなく、実践者も少ないため「バイナリーオプションってそもそも何?」「FXとどっちが利益が出やすいの?」など分からないことが多いですよね。また、日本で取引が開始された頃のバイナリーオプションは悪い評判が多くあるので、取引に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はバイナリーオプションとFXの違いを徹底比較し、初心者におすすめなのはどちらの投資方法なのか?バイナリーオプションの始め方や注意点などバイナリーオプションについてご紹介します。

■目次

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、実数を0か1で表す二進法を意味している「バイナリー」と、権利を買う「オプション」取引の2つの言葉を組み合わせた呼び方です。

バイナリーオプションは、デリバティブ(金融派生商品)取引と呼ばれるFX取引の一種です。あらかじめ設定された判定時間までの間に、為替レートが円安になるか、円高になるかを予測する取引方法です。

予想通りになれば購入額に対して既定の倍率を掛けた金額が利益となりますが、予想と反した場合、購入した全ての額が没収され損失となります。

取引方法は、判定時のレートが目標レートよりも上(ハイ)か下(ロー)かを予想する「ラダーオプション」と判定時の為替レートが、目標レンジの内(イン)か外か(アウト)を予想する「レンジオプション」があります。

FXとバイナリーオプションの違い

FXとバイナリーオプションの主な違いをまとめました。

FX バイナリーオプション
必要資金 約4000円1ドル100円計算(1000通貨取引の場合) 一般的に数十円~999円
取引時間 平日24時間(自分の都合に合わせられる) 2~3時間ごと(1日8回~12回)に判定時間が決まっている
レバレッジ 最大25倍 なし
ロスカット あり なし
スプレッドの発生 取引開始直後 ペイアウト倍率に含まれる
スワップポイント あり なし
通貨ペア 20通貨ペア前後が一般的 5~7通貨ペアが一般的
税金 申告分離課税 申告分離課税
一言コメント スワップポイントの活用で利益が出せる 相場が動かなくても利益が出せる

バイナリーオプションは、為替レートが設定された時間内に動く方向を予測するため、ギャンブル性の高い取引です。また、時間に制限がある取引なので予想が困難です。また、損失が確定すると購入した全てが損失となるためリスクも高い取引となります。一方で、FXは自分の生活スタイルや取引スタイルに合わせて取引ができる等、自分のフィールドで投資ができるメリットがあります。また、FXの場合、損切りができるので自分の予想通りの値動きをしなかった場合にリカバリーが出来ます。

結論、初心者に「FX」と「バイナリーオプション」どちらをおすすめするのか?の回答は、FXをおすすめします!が回答となります。

バイナリーオプションを始めたい人へ

バイナリーオプションとFXの違い、初心者におすすめなのはどちらか?について触れてきましたが、それでもバイナリーオプションを始めたい。もしくは試してみたいとお考えの方へ、バイナリーオプションの始め方や考え方、注意点をご紹介します。

尚、バイナリーオプションを始めるには、専用口座を開設する必要があります。同じ会社のFX口座を持っていても、別途、バイナリーオプション専用の口座開設が必要となります。

バイナリーオプション口座の選び方

バイナリーオプションの口座選びで基本的なポイントは「安心感と信頼感」「デモトレード」「手数料」の3ポイントです。

取引の観点で重要なチェックポイントとして「ペイアウト倍率」「取引時間」「対象通貨」「最大投資可能額」の4ポイントとなります。自分の取引スタイルに合わせて口座を選びましょう。

国内FX会社か海外FX業者かという点でよく質問をいただきますが、信頼性やトラブル回避のためにも国内FX会社を選びましょう。

バイナリーオプションおすすめ口座

口座選びに迷っている方のために、「FXおすすめ.jp」が厳選した国内おすすめのバイナリーオプション口座をご紹介します。

外為オプション(GMOクリック証券)

外為オプション(GMOクリック証券) 取引概要
取り扱い通貨ペア 米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/米ドル
取引単位 1枚
取引価格の最小単位 1円
オプションタイプ ラダーオプション
1日の取引回数 10回(1回号3時間(満期2分前に注文受付停止)2時間おきに次回号がスタート)
取引時間 月〜金曜日の午前8:00〜翌午前5:00
  • 第1回号 8:00〜11:00
  • 第2回号 10:00〜13:00
  • 第3回号 12:00〜15:00
  • 第4回号 14:00〜17:00
  • 第5回号 16:00〜19:00
  • 第6回号 18:00〜21:00
  • 第7回号 20:00〜23:00
  • 第8回号 22:00〜翌1:00
  • 第9回号 0:00〜翌3:00
  • 第10回号 翌2:00〜翌5:00
取引手数料 0円
口座開設・維持費用 0円
取引方法 新規取引は購入、決済取引は売却
ペイアウト金額 1枚につき1000円(固定)
デモ口座 あり
FXの先生FXの先生

GMOクリック証券の「外為オプション」おすすめの理由はGMOクリック証券のFX口座は取引高7年連続世界No1(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)の実績があり、安心して口座開設ができることです。また、取引得手数料もFX口座同様無料なので初心者にも安心です。更に、外為オプション専用のログイン不要デモ口座もあるのでまずはお試しで実施してみましょう。バイナリーオプション口座単体のキャンペーン実施は今のところありませんが、新規でFX口座と一緒に申し込みすればFXお取引量に合わせて最大30,000円のキャッシュバックとなります!
FX口座と一緒に申し込む(申し込み画面の「外為オプション口座も一緒に申し込む! 」にチェックを入れるだけ)

選べる外為オプション(GMOプライムbyGMO)

選べる外為オプション(fxプライムbyGMO) 取引概要
取り扱い通貨ペア 米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/米ドル
取引単位 1枚
取引価格の最小単位 1円
オプションタイプ ラダーオプション
1日の取引回数 10回 各回号は2時間ごとに開催します(全通貨共通)
取引時間 月〜金曜日の午前8:00〜翌午前4:00
  • 第1回号 8:00〜10:00
  • 第2回号 10:00〜12:00
  • 第3回号 12:00〜14:00
  • 第4回号 14:00〜16:00
  • 第5回号 16:00〜18:00
  • 第6回号 18:00〜20:00
  • 第7回号 20:00〜22:00
  • 第8回号 22:00〜翌0:00
  • 第9回号 0:00〜翌2:00
  • 第10回号 翌2:00〜翌4:00
取引手数料 0円
口座開設・維持費用 0円
取引方法 新規取引は購入、決済取引は売却
ペイアウト金額 1枚につき1000円(固定)
デモ口座 あり
FXの先生FXの先生

FXプライムの「選べる外為オプション」おすすめの理由は、先ほどご紹介したGMOクリック証券のグループ会社であることです。つまり、デモトレードを見ていただくとわかる通り、外為オプションとほぼ同等の取引が可能です。選べる外為オプション(GMOプライムbyGMO)の口座を開設するには同社が提供する「選べる外貨」に口座を開設する必要があります。
口座を持っていない方は「選べる外貨」で口座開設をしましょう。
口座を既に持っている方はログインをして申し込むだけです。

バイナリーオプションのやり方

バイナリーオプションは判定時間までに為替レートが円高になるか、円安になるのかを予測する取引です。「円高か円安か」「HigtかLowか」といった二者択一を行う取引であるため、ギャンブル性が高いことをしっかり理解しましょう。

「円高か円安か」を予想する上でおすすめの手法は、FXでも使われるテクニカル分析の活用です。バイナリーオプションを行う際には、取引開始のスタート位置や値動きが起こる方向を予測するのに役立ちます。

もちろんテクニカル分析などを駆使しても、バイナリーオプションが潜在的に持つギャンブル性はなくならないため、投資金額の管理徹底も必要です。

バイナリーオプションを始める前の注意点

バイナリーオプションを始めるにあたり、注意して頂きたい3つのポイントをご紹介します。特に投資経験の浅い初心者の方はしっかり覚えておきましょう。

海外口座で取引をしない

海外のバイナリーオプションには手を出してはいけません。海外口座は取引に問題はなくても、出金トラブルがつきものです。ペイアウト倍率が高く設定されていても、利益が手元に入らない可能性があります。そのため、信頼できる国内口座を開設しましょう。

自動売買ツールを使用しない

自動売買ツールを使用しないことをおすすめします。会社によっては自動売買ツールが用意されていることもありますが、寝ている間も自動で取引が行われることもあり、大きな損失を出す可能性があります。

運やカンに頼らない

最後に、運やカンに頼った取引をしてはいけません。バイナリーオプションは、現実世界の為替レートを対象としています。カンや運に頼らなくても、チャート分析することにより、ある程度の流れを予測することができます。