ヨーロッパ(EUユーロ)とは

ユーロは欧州連合(EU)の単一通貨を指します。1999年に新設され、2002年から紙幣・硬貨の流通が始まりました。EU加盟国のうち、ユーロは現在以下の19ヵ国(オーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、リトアニア、ラトビア)で法定通貨として導入され、通貨政策はECB(欧州中央銀行)が担っています。

現在ユーロは米ドルに次いで取引量が多く、世界第二位の基軸通貨としての地位を確立しつつあります。特に2001年に起きたニューヨーク同時多発テロ事件以降、米ドルにだけ依存してきた決済や外貨準備のリスク回避として、ユーロの需要が高まりました。一方で新しい通貨であることや、ECBも歴史が浅いことなどから、様々な政治経済状況に対してどのように反応していくのかは、まだまだ不明な点が多く、初心者にはやや難易度の高い通貨となります。

ヨーロッパ(EUユーロ)の注目経済指標

ユーロ圏では国ごとに経済指標を発表しています。特にユーロ全体のGDPの約3割を占めるドイツの経済指標には注目が集まります。ドイツの景況感指数や雇用関係、小売売上高は特にユーロへの影響があると言われており、トレーダーからも注目されています。景況感指数とは現在の景気や今後の景気動向についてアンケート調査を行った結果の指標であり、これが高いほど景気がよいと言えます。ドイツで発表されるこの景況感指数には欧州経済研究センター(ZEW)によるものと、ドイツ政府の経済研究所発表のIFOがあります。ZEWはIFOよりも1週間早く発表されるため、先行指標として注目されるほか、ユーロ圏全体の景況感も同時に発表しています。また、ユーロとしての通貨政策を行うECBが発表する政策金利も、ユーロの値動きに重要な指標です。原則2週間毎にECB政策理事会が開催され、月に1回目の理事会で政策金利が発表されます。

【2019年11月】初心者も注目したいヨーロッパ(EUユーロ)の経済指標

2019年11月のヨーロッパ(EUユーロ)の経済指標で注目の経済指標はありません。

EUユーロ/円2019年11月の週別一番利益を出した取引日時

期間 取引始 日時 レート 流れ 取引終 日時 レート 1000通貨取引
の利益
1万通貨取引
の利益
2019/11/04(月)〜
2019/11/08(金)
売り 11月05日
17:40
121.285 買い 11月07日
12:22
120.145 +1,137円 +11,370円

関連記事:ユーロ円の為替差益過去データ(週別)

スプレッドでFX口座を比較する

スプレッド 通貨ペア
米ドル/円 豪ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円
0.2銭 0.7銭 0.5銭 1.0銭 20
2.0銭 4.0銭 3.0銭 5.0銭 24(ループイフダンは5通貨)
0.3銭 0.7銭 0.5銭 1.3銭 50
0.2銭 0.7銭 0.5銭 1.0銭 20
1.0銭 3.0銭 2.0銭 3.0銭 24
0.3銭 0.7銭 0.5銭 1.0銭 20
0.2銭 0.7銭 0.5銭 1.0銭 22
0.6銭 1.3銭 0.9銭 1.8銭 20
0.3銭 0.6銭 0.5銭 1.0銭 17
0.3銭 0.6銭 0.5銭 1.0銭 24
0.2銭 0.7銭 0.5銭 1.0銭 15
0.27銭 0.59銭 0.39銭 0.89銭 26
0.3銭 0.6銭 0.4銭 0.9銭 20
※表示のスプレッドは原則固定(例外あり)です。